東京からインスピレーションを受けたカラーが登場!

2022年に日本上陸を果たした、スウェーデン ストックホルム発祥のスニーカーブティック、”SNEAKERSNSTUFF(スニーカーズンスタッフ)”。1999年にECストアからスタート、現在ではヨーロッパをはじめ世界各国に店舗を展開。北欧テイストとその土地の伝統が融合した店内にはスニーカーはもちろんのこと、厳選されたアパレルも並ぶ。またスニーカーヘッズを虜にするコラボレーションも手掛け、各拠点のルーツやカルチャーに紐付いた独創的なデザインでも支持されている。

Adidas スーパーコピー Yeezy Boost 350 V2 Blue Tint アディダス・イージーブースト・350・ブイ2・ブルーティント パロディ

adidas Yeezy Boost 350 V2 Blue Tint
カテゴリー YEEZY BOOST

【オフホワイト OFF-WHITE】OFF-WHITE x adidas Yeezy Boost 350V2 スニーカー ash1776

サイズ実寸(cm) 日本サイズ :
25cm(40) 25.5cm(41) 26cm(42) 26.5cm(43)
27cm(44) 27.5cm(45)
生地の素材 キャンバス
厚み:普通
裏地有無:裏地あり
伸縮性:若干あり
透け感:透け感なし
サイズ:通常

Adidas スーパーコピー イージーデザートラット500 DB2908

adidas Yeezy Desert Rat 500

“(アディダス)”とは、伝統あるシティシリーズをモチーフにしたコレクションを展開中。2020年からショップ発祥の地の名前がついた”STOCKHOLM GT(ストックホルム GT)”を復刻、その名前を改め”SNS GT”として、ショップの拠点を置く各都市を順にフィーチャーしている。第七弾目は、東京をモチーフにしたカラーリングが登場。アッパーは毛足の長いスウェードを使い、江戸紫からインスパイアされた深みのあるパープルで染め上げた。サイドにはホワイトの”スリーストライプス”を差し込み、美しいコントラストを演出。シュータンとサイドには、ゴールドの箔押しを上品な印象をプラスした。そしてガムソールが、レトロな印象を引き立てるのに一役買っている。インソールには同コレクションを象徴する地図をプリント。その都市の魅力を深掘りしてアウトプット、まさに”SNS”だからこそ成し得るコアな一足となっている。

【関連記事】:スーパーコピー時計の買い方・選び方

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です